敏感肌で顔の産毛を処理するには?お肌にダメージを与えない方法

敏感肌で顔の産毛を処理を自分でするのは勇気が入りますよね・・。

 

顔の産毛をそると、産毛だけキレイに取れればいいのですが、
お肌の表面を傷つけてしまう可能性があります。

 

産毛を処理したあとは、肌がヒリヒリしたり、
赤くなるなど、一時的にお肌が弱い状態になります。

 

敏感肌の方は、お肌が弱くなっていると、
すぐ炎症などの肌トラブルになることが心配です。

 

また、ニキビなどができやすいと、ニキビ跡が残ってしまったり、
シミなどになる可能性があるので、怖いですよね。

 

自己流で顔の産毛をそろうとすると、カミソリ負けや、
うまく産毛をそれなくて、お肌を傷つけてしまうことがあります。

 

自分で、産毛をそるには、まんべんなくキレイにカミソリでそれること、
剃った後に、適切なお肌のケアをする必要があります。

 

そうしないと、肌トラブルのもとになるので注意が必要です。

 

<自己流で顔の産毛処理で失敗する事例>

 

・カミソリでお肌を傷つけてしまい血が出てしまう
・産毛処理した後に、顔が真っ赤になり、炎症を起こしてしまう
・毛穴が目立つようになってしまう
・剃った部分にムラができ、肌がゴワつく

 

正しく顔の産毛をそっていれば、問題ないのですが、
なかなか自分1人ではキレイに細かい部分までキレイに剃るのは難しいです。

 

カミソリを使って、自分で鏡を見ながら
顔の産毛を処理するのが難しいようなら、産毛処理のプロに
お任せすることをおすすめしたいです。